植田陽貴『かえす光』

 

植田陽貴『かえす光』

まとまった制作が終わるたび、いつもからっぽになる。

また次に何を描けばいいのか、そもそも絵ってどうやって描くんだっけと空になったアトリエで途方に暮れる。


絵にする題材はその時の関心に基づいて、日々触れる風景や読んだ本、観た映画、聞いた話や毎週歩く森の空気、自身の強度近視による光の見え方など、ひっかかった小さなかけらを拾うように集めていく。

頭の中で曖昧なイメージのまま、これらがどうにかして絵にならないかと考え続けるが、あまりに種々雑多に拾ってきたかけらは、私にはてんでばらばらに思えて、絵に、形になるのか不安になる。

それが、ある程度作品がまとまってくると、拾い集めたものが線でつながるような感覚があり、毎回「結局光を描いてる」と気付く。


思えばいつも、からっぽの中に小さな光を拾い集めて乱反射させるように絵を描き、発表し、またからっぽになる繰り返しでどうにか描き続けてこれたような気がする。

集めた小さな光で足元を照らしながら、次はどんな光が見えるところに辿り着くだろうか。

植田陽貴

【開催概要】
会期:2022年12月3日(土)~12月18日(日)
   12:00~19:00 ※月曜日・火曜日・水曜日休廊
場所:GalleryYukihira(アクセス)※移転のため会場が異なりますのでご注意ください

※お越しになる際は必ず【ご案内】をご覧ください。
※新型コロナウイルス感染症の影響により日程変更の可能性がございます。最新情報はTwitter(@GalleryYukihira)にてご確認ください。

【オンラインストア】
12月8日(木)12:00〜 URL:https://galleryyukihira.square.site/

【作家プロフィール】
植田陽貴

1987 奈良県出身在住
2008 女子美術大学短期大学部専攻科卒(油画専攻)

<近年の主な展示>
【個展】
2022 遠い水音、さわれる火。/Gallery CAFE とこのま、愛知
2021 風や光や/芝田町画廊、大阪
2019 渡り鳥はかく語りき 誰かの森について/BIOME、神戸
2019 渡り鳥はかく語りき 誰かの森について/SAKAINOMA熊、大阪
2019 渡り鳥はかく語りき/新宿眼科画廊、東京
2018 森の翻訳機/TURNER GALLARY、東京
2017 ウォーターランド/サロンモザイク、大阪
2017 誰でもない庭/百年、東京
2015 たとえば、ここにも暮らしはあって/cafe drawing、愛知・喫茶ワンデルング、東京
2015 スーベニア/はならぁと宇陀松山、奈良

【グループ展、アートフェア】
2022 枕崎国際芸術賞展/枕崎市文化資料センター南溟館、鹿児島
2022 KAWAKYU ART Exhibition 2022/川久ミュージアム、和歌山
2022 HB FILE COMPETITION vol.32特別賞展/HB GALLERY、東京
2022 MINI○/Sansiao Gallery、東京
2021 FACE展選抜作家小品展2021/REIJINSHA GALLERY、東京
2021 HB FILE COMPETITION vol.31特別賞展/HB GALLERY、東京
2021 Triangle/同時代ギャラリー、京都
2021 はるひ絵画トリエンナーレ/清須市はるひ美術館、愛知
2021 FACE展2021/SOMPO美術館、東京
2020 眩しい影/新宿眼科画廊、東京
2020 eri-nyo[urion]発売記念絵本原画展/メガネのネハシ跡地、東京
2019 From West vol.2/MASATAKA COMTEMPOLARY、東京
2018 シェル美術賞展/国立新美術館、東京
2018 カモメのおなか/TeToTe、兵庫
2018 Art Osaka 2018/Hotel Granvia Osaka、大阪
2018 LANDSCAPES/ondo gallery、大阪・ondo S&E、東京

【受賞】
2022 FACE2023 優秀賞
2022 第3回枕崎国際芸術賞展 入選
2022 HB FILE COMPETITION vol.32 関戸貴美子特別賞
2021 はるひ絵画トリエンナーレ 入選
2020 HB FILE COMPETITION vol.31 鈴木久美特別賞
2020 FACE2021損保ジャパン日本興亜美術賞 入選
2018 シェル美術賞 入選
2018 トーキョーワンダーシード 入選
2017 アートストリーム ターナー色彩賞、関西テレビ賞
2016 東京装画賞 入選
2016 イラストレーション ザ・チョイス 準入選
2015 トーキョーワンダーシード 入選
2014 トーキョーワンダーシード 入選

【その他】
2022 KAWAKYU ARTISTS in RESIDENCE Program2022
2021 Coyote No.75(スイッチ・パブリッシング)角幡唯介さんエッセイ挿絵

参考作品

左「彼岸」530×530mm、 キャンバスに油彩、 2022年
中「かえす光」1303×970mm、キャンバスに油彩、2022年
右「此岸」530×530mm、 キャンバスに油彩、 2022年

お問い合わせ先
Mail:info@yukihira.net(代表・福嶋幸平)